アメリカのデザイナーがポルトガルのデザインを盗用? この盗用疑惑にポルトガル政府も法的措置を検討か。

セーター

東京五輪までの本格的なカウントダウンである聖火リレーも始まったが、ポルトガルではとある盗用疑惑がメディアで騒がれている。

それは、2004年にアメリカで創設されたブランド「トリーバーチ」のコレクションに、ポルトガルの伝統的なデザインがあからさまに盗用されているのだということ。

トリーバーチの公式サイトからはすでに撤去されているが、実際に販売されていたのは以下の商品。

セーター
船関連のデザイン(オールやブイなど)で「あら、可愛らしい」・・・と思っても、よ〜く見てみると、セーターの中央と肘の部分にはポルトガルの紋章が・・・。お値段は1着695ユーロ。

ポルトガルをモチーフにしたものであれば、「デザイナーの好み」という話で済んだのかもしれないが、実際にポルトガルの北部の「ポーヴォア・デ・ヴァルジン/Póvoa de Varzim」市に19世紀から存在する伝統的衣装の一つ。ポルトガルの最高品質のウール(エストレーラ山脈のエリアもので、ポヴェイラ・ウールとも称される)を用いたセーター。19世紀以降、デザインなどもさらに巧妙なものになっていた。

そのセーター(オリジナル)は以下の通り。

写真はポーヴォア・デ・ヴァルジン市役所のものです。織り方やデザイン・・・「そっくり」です。

メーカー側は、メキシコの民族衣装にインスパイアされたのだとのこと・・・。

あれ?でもこれは?

「あら、かわいいレタスちゃん・・。」ん?でもこれは・・・(トリーバーチのオフィシャルショップより出典)
こちらはキャベツ・・・。ポルトガルの有名な工房である「ボルダロ・ピニェイロ」社の代名詞であるデザインです・・・。(ボルダロ・ピニェイロ社公式サイトより出典)

トリーバーチのロゴも、ポルトガルの著名ファションデザイナーのヌーノ・ガマ氏のロゴと激似。これは、オフホワイトどころではない気が・・・。

トリーバーチさんもポルトガルが気に入ったことは間違いないかもしれない。

この件に関し、ポルトガル政府も知的財産権など、法的措置を検討しているとのこと。

「オリジナル」の商品のお値段は、トリーバーチ製の僅か10%ほどのお値段です・・・。

ヨーロッパの「問題児」から「優等生」へ。

ポルトガルの聖地ファティマ

欧州各国が新たなロックダウンや行動制限政策に力を入れる中、一時は100万人当たりの感染者数が欧州最大であったにも関わらず、現在はその数値も欧州で最も少ない国となることができ、ポルトガルは段階的な「緩和」政策施行の段階に入った。

3月15日から営業が許可された業種(つまり、閉店を余儀なくされていた業種)は以下の通り。

・保育園、幼稚園、小学校低学年(ポルトガルの教育制度により、小学1年生から4年生までが該当)、その他の課外教育機関(対象年齢は、前述の教育機関と同じ)。

・ミサ(教会)。集団的宗教行事は引き続き禁止。

・商店(飲食含む)の店頭販売。つまり、入店禁止は継続。テイクアウトなどが該当。飲食店に関しては、「飲料」の店頭販売が許可されたのは大きい。

・本屋、図書館(書物保管庫も含む)、CDショップなどの楽曲の販売を行う店舗。

・自動車販売業、不動産仲介業(共に店舗営業が許可されたことを意味する)。

・美容室・理髪店(マニキュア・ペディキュアのみも含む)。

イースター休暇明けから(4月5日)は、飲食店のテラス席(店舗の外に併設される客席)、博物館、宮殿(入場観光を指す)、ジム(複数人によるグループでのトレーニングは引き続き禁止)などの営業が許可される見通し。

これらの営業の許可は、10万人あたりのコロナウイルス感染者数が120人以下であることが条件とされている。

ポルトガルの新規感染者数は、ヨーロッパの中でも少なくなっている中、今まで「閉鎖」を余儀なくされていた業種の「再スタート」がいつになるのか、感染者数を抑え込みながら、ポルトガルは経済の回復に取り組もうとしている。