アメリカのデザイナーがポルトガルのデザインを盗用? この盗用疑惑にポルトガル政府も法的措置を検討か。

セーター

東京五輪までの本格的なカウントダウンである聖火リレーも始まったが、ポルトガルではとある盗用疑惑がメディアで騒がれている。

それは、2004年にアメリカで創設されたブランド「トリーバーチ」のコレクションに、ポルトガルの伝統的なデザインがあからさまに盗用されているのだということ。

トリーバーチの公式サイトからはすでに撤去されているが、実際に販売されていたのは以下の商品。

セーター
船関連のデザイン(オールやブイなど)で「あら、可愛らしい」・・・と思っても、よ〜く見てみると、セーターの中央と肘の部分にはポルトガルの紋章が・・・。お値段は1着695ユーロ。

ポルトガルをモチーフにしたものであれば、「デザイナーの好み」という話で済んだのかもしれないが、実際にポルトガルの北部の「ポーヴォア・デ・ヴァルジン/Póvoa de Varzim」市に19世紀から存在する伝統的衣装の一つ。ポルトガルの最高品質のウール(エストレーラ山脈のエリアもので、ポヴェイラ・ウールとも称される)を用いたセーター。19世紀以降、デザインなどもさらに巧妙なものになっていた。

そのセーター(オリジナル)は以下の通り。

写真はポーヴォア・デ・ヴァルジン市役所のものです。織り方やデザイン・・・「そっくり」です。

メーカー側は、メキシコの民族衣装にインスパイアされたのだとのこと・・・。

あれ?でもこれは?

「あら、かわいいレタスちゃん・・。」ん?でもこれは・・・(トリーバーチのオフィシャルショップより出典)
こちらはキャベツ・・・。ポルトガルの有名な工房である「ボルダロ・ピニェイロ」社の代名詞であるデザインです・・・。(ボルダロ・ピニェイロ社公式サイトより出典)

トリーバーチのロゴも、ポルトガルの著名ファションデザイナーのヌーノ・ガマ氏のロゴと激似。これは、オフホワイトどころではない気が・・・。

トリーバーチさんもポルトガルが気に入ったことは間違いないかもしれない。

この件に関し、ポルトガル政府も知的財産権など、法的措置を検討しているとのこと。

「オリジナル」の商品のお値段は、トリーバーチ製の僅か10%ほどのお値段です・・・。

ヨーロッパの「問題児」から「優等生」へ。

ポルトガルの聖地ファティマ

欧州各国が新たなロックダウンや行動制限政策に力を入れる中、一時は100万人当たりの感染者数が欧州最大であったにも関わらず、現在はその数値も欧州で最も少ない国となることができ、ポルトガルは段階的な「緩和」政策施行の段階に入った。

3月15日から営業が許可された業種(つまり、閉店を余儀なくされていた業種)は以下の通り。

・保育園、幼稚園、小学校低学年(ポルトガルの教育制度により、小学1年生から4年生までが該当)、その他の課外教育機関(対象年齢は、前述の教育機関と同じ)。

・ミサ(教会)。集団的宗教行事は引き続き禁止。

・商店(飲食含む)の店頭販売。つまり、入店禁止は継続。テイクアウトなどが該当。飲食店に関しては、「飲料」の店頭販売が許可されたのは大きい。

・本屋、図書館(書物保管庫も含む)、CDショップなどの楽曲の販売を行う店舗。

・自動車販売業、不動産仲介業(共に店舗営業が許可されたことを意味する)。

・美容室・理髪店(マニキュア・ペディキュアのみも含む)。

イースター休暇明けから(4月5日)は、飲食店のテラス席(店舗の外に併設される客席)、博物館、宮殿(入場観光を指す)、ジム(複数人によるグループでのトレーニングは引き続き禁止)などの営業が許可される見通し。

これらの営業の許可は、10万人あたりのコロナウイルス感染者数が120人以下であることが条件とされている。

ポルトガルの新規感染者数は、ヨーロッパの中でも少なくなっている中、今まで「閉鎖」を余儀なくされていた業種の「再スタート」がいつになるのか、感染者数を抑え込みながら、ポルトガルは経済の回復に取り組もうとしている。

ポルトガル北部の都市「ブラガ」が2021年度の    ヨーロッパ・ベスト・デスティネーション(ヨーロッパで最も訪問すべき街)に選ばれる!

ブラガ・ボンジェズス

コロナ禍で、なかなか穏やかな話題が少ない中、ある一種の「希望」を与える話題として、ポルトガルメディア各局が報じたのが、「ベストデスティネーション」受賞の話題。

ヨーロッパの文化と観光を促進するために作られた機関(本拠地はブリュッセル)が、   オンライン投票で「最も訪問するべき街」を決定するというもので、投票自体は世界中どこからでも可能(2012年、2014年、そして2017年ともポルト市が選ばれたが、得票数の中で、アフガニスタンやイラクなどからも投票があった)。

リスボンは政治の街、ポルトは経済の街、そしてブラガは信仰の街として紹介されることもあるポルトガル。その名の通り、ブラガにはBOM JESUS(ボン・ジェズス)という「聖域」が建造物と自然が見事に調和し、訪問者を迎えている。「神のいる場所に近づく階段」とされる「五感の階段」は577段ある(階段の側に、ケーブルカーもあります)。

ケーブルカー前

「真の自分と向き合うため」に、巡礼に来る訪問者はヨーロッパのみならず、世界中から来訪している。

五感の階段

スペインで大規模な暴動。原因は「表現の自由」と  「王室」

スペインの国旗

スペインで2日連続でデモが続いている。デモの発端はスペイン人ラッパーのパブロ・ハセル氏がスペイン警察当局からの出頭に応じず、禁固刑から逃れるため、2021年2月15日からスペインのカタルーニャ州にある大学で「籠城」していたが、警官隊により逮捕されたことによるもの。

罪状は王室への侮辱・不敬罪およびテロ行為美化罪であり、自身のツイッターの投稿や作曲した歌に対するもの。逮捕直後からバルセロナなどのカタルーニャ州の各地でデモや暴動が発生し、警官隊が出動し、事態の沈静化を図っていたが、その規模は今や首都マドリッドにも波及している。

ポルトガルのメディアも各局・各紙でこの状況を報じており、抗議する人々による投石行為(石畳から外した石など)や市内のゴミ箱や駐車しているバイクへの放火も発生し、現地報道によれば、怪我人は55人以上(その内警官隊に出た負傷者は25名)に達しており、    バルセロナの主要大通りは、警官隊とデモ隊による抗争が一時的に激化した。投石は市中の店舗や一般車両にも及んでいた。現地警察や市長も、平和的な行動を呼びかけている。

スペイン王室も世代交代を迎えたが、前国王のフアン・カルロス1世の不正資金スキャンダルなどをラッパーが政治的に風刺した曲調になっている。ソーシャルメディアの声としては、「釈放」を求める声、そして、「楽曲に対する検閲は許されるべきではない」との声が多い。スペイン政府としても、罪状による禁固刑9ヶ月という、罪の重さを改善する余地があるという姿勢を出しており、沈静化を図りたい狙いがあるとされている。

「今までどれだけ金を奪ってきたんだ?有事の時、必要な時には金がないと言うが・・・」といったフレーズから曲は始まる(前国王のインタビュー動画から動画は始まる)。

パブロ・ハセル氏の楽曲

非常事態宣言の延長(3月1日まで)が決定。     ポルトガルで今できること、できないこと。

リスボン市のメトロ(去年のロックダウン時)

感染者数は減少傾向が続き、病院の逼迫状況も軽減されつつあるものの、         急激な規制緩和は無く、油断は大敵との姿勢崩さず。

ポルトガルで今できること、できないことは以下の通りです。

自宅待機は義務。しかし、以下の場合を除きます。

⓵ 食料品および日常生活に欠かせない物品の購入のための外出。

②:労働目的の外出。

③:「健康的な運動」目的のための外出(つまり、短時間および居住地周辺のみに限る)。

④:労働目的の外出に関し、在宅勤務ではなく、通勤あるいは出社などが必要な場合、雇用者が発行した(作成した)宣言書を携行しなくてはならない。(〇〇の仕事のために、〇〇へ外出する必要性があることを示すため)

⑤:他の自治体間での移動の禁止(週末のみ)。しかし、健康上の理由(治療・診察など)や就労目的(雇用者の宣言書の携行義務)、親権行使の場合を除きます。

⑥:生活必需品(食品など)の小売店(スーパーマーケット含む)は、継続的に営業が許可されています。今回の非常事態宣言延長では、本(教育書も含む)の小売店での販売も認められています。(本屋さんは店舗営業が認められていませんので、オンラインでの販売および配達に留まります・・・)

⑦:飲食店の店頭や近隣で待機あるいは留まること、そしてアルコールやコーヒーなどの  飲料の消費や販売は禁止されています(あくまでも店頭での販売に限ります。また、20時以降はアルコール飲料の販売・配達は禁止されています)。

⑧:飲食店に属さない、他の業種(本屋など)の店頭販売は禁止されています。

⑨:大型ショッピングモール内の飲食店の営業停止(デリバリーも含む)。

⑩:ディスカウントなどのキャンペーンの禁止(安売りなどで、店舗内に「密」の環境を作らないため)。

⑪:家具、インテリア装飾品、家庭用の繊維製品、ゲームやその他の玩具、スポーツ用品、アウトドア用品、旅行用品、アパレル(靴やアクセサリーを含む)用品の販売は禁止されています。

⑫:公共のスペース(公園を含む)は、あくまでも健康目的の「散歩」など、「通行」までに留められ、ベンチなどに座るなどの「待機」あるいは「滞在」することは禁止されています。

⑬:教育機関での授業は「リモート」で行うことが原則(医療従事者の方々は、子供の通学が特別に認められ、各教育機関でカバープログラムが存在します。これは昼食などのケアも含めます)。

⑭:シニア大学やその他の生涯学習施設、娯楽場や交流施設は閉鎖。

⑮:陸路・空路・海路、全てのルートにおいて、原則、ポルトガル国民の入国・出国の禁止。海外からの帰国者(ポルトガル国籍を持つ者、外国人でも滞在許可証を持つ者も含む)に関し、出入国の目的を証明する必要があります(例:就労、病気の家族のケアなど)。

感染拡大を阻止するため、上記のような規制が敷かれたポルトガル。