アメリカのデザイナーがポルトガルのデザインを盗用? この盗用疑惑にポルトガル政府も法的措置を検討か。

セーター

東京五輪までの本格的なカウントダウンである聖火リレーも始まったが、ポルトガルではとある盗用疑惑がメディアで騒がれている。

それは、2004年にアメリカで創設されたブランド「トリーバーチ」のコレクションに、ポルトガルの伝統的なデザインがあからさまに盗用されているのだということ。

トリーバーチの公式サイトからはすでに撤去されているが、実際に販売されていたのは以下の商品。

セーター
船関連のデザイン(オールやブイなど)で「あら、可愛らしい」・・・と思っても、よ〜く見てみると、セーターの中央と肘の部分にはポルトガルの紋章が・・・。お値段は1着695ユーロ。

ポルトガルをモチーフにしたものであれば、「デザイナーの好み」という話で済んだのかもしれないが、実際にポルトガルの北部の「ポーヴォア・デ・ヴァルジン/Póvoa de Varzim」市に19世紀から存在する伝統的衣装の一つ。ポルトガルの最高品質のウール(エストレーラ山脈のエリアもので、ポヴェイラ・ウールとも称される)を用いたセーター。19世紀以降、デザインなどもさらに巧妙なものになっていた。

そのセーター(オリジナル)は以下の通り。

写真はポーヴォア・デ・ヴァルジン市役所のものです。織り方やデザイン・・・「そっくり」です。

メーカー側は、メキシコの民族衣装にインスパイアされたのだとのこと・・・。

あれ?でもこれは?

「あら、かわいいレタスちゃん・・。」ん?でもこれは・・・(トリーバーチのオフィシャルショップより出典)
こちらはキャベツ・・・。ポルトガルの有名な工房である「ボルダロ・ピニェイロ」社の代名詞であるデザインです・・・。(ボルダロ・ピニェイロ社公式サイトより出典)

トリーバーチのロゴも、ポルトガルの著名ファションデザイナーのヌーノ・ガマ氏のロゴと激似。これは、オフホワイトどころではない気が・・・。

トリーバーチさんもポルトガルが気に入ったことは間違いないかもしれない。

この件に関し、ポルトガル政府も知的財産権など、法的措置を検討しているとのこと。

「オリジナル」の商品のお値段は、トリーバーチ製の僅か10%ほどのお値段です・・・。

スペインで大規模な暴動。原因は「表現の自由」と  「王室」

スペインの国旗

スペインで2日連続でデモが続いている。デモの発端はスペイン人ラッパーのパブロ・ハセル氏がスペイン警察当局からの出頭に応じず、禁固刑から逃れるため、2021年2月15日からスペインのカタルーニャ州にある大学で「籠城」していたが、警官隊により逮捕されたことによるもの。

罪状は王室への侮辱・不敬罪およびテロ行為美化罪であり、自身のツイッターの投稿や作曲した歌に対するもの。逮捕直後からバルセロナなどのカタルーニャ州の各地でデモや暴動が発生し、警官隊が出動し、事態の沈静化を図っていたが、その規模は今や首都マドリッドにも波及している。

ポルトガルのメディアも各局・各紙でこの状況を報じており、抗議する人々による投石行為(石畳から外した石など)や市内のゴミ箱や駐車しているバイクへの放火も発生し、現地報道によれば、怪我人は55人以上(その内警官隊に出た負傷者は25名)に達しており、    バルセロナの主要大通りは、警官隊とデモ隊による抗争が一時的に激化した。投石は市中の店舗や一般車両にも及んでいた。現地警察や市長も、平和的な行動を呼びかけている。

スペイン王室も世代交代を迎えたが、前国王のフアン・カルロス1世の不正資金スキャンダルなどをラッパーが政治的に風刺した曲調になっている。ソーシャルメディアの声としては、「釈放」を求める声、そして、「楽曲に対する検閲は許されるべきではない」との声が多い。スペイン政府としても、罪状による禁固刑9ヶ月という、罪の重さを改善する余地があるという姿勢を出しており、沈静化を図りたい狙いがあるとされている。

「今までどれだけ金を奪ってきたんだ?有事の時、必要な時には金がないと言うが・・・」といったフレーズから曲は始まる(前国王のインタビュー動画から動画は始まる)。

パブロ・ハセル氏の楽曲

ポルトガルのビーチがヨーロッパで最も安全なビーチの TOP10に選出。

ポルトガルの大手新聞社「Público」のオンライン版に、2020年5月26日に掲載された記事です。(要約文)

ユーロピアン・ベスト・デスティネーションズは、コンポルタ(Comporta)、ポルト・サント(Porto Santo)、そしてメイア・プライア(Meia Praia)を選出。

「自分自身やあなたの家族と共に、スペースが広く、空気が綺麗で、安全な環境で過ごせる夏をお探しの方へ」にユーロピアン・ベスト・デスティネーションズは、ヨーロッパで最も安全なビーチ10選を公表。その中にはポルトガルのビーチ3カ所もランクイン。公表された記事には、「ポルトガルの準備は万端」とも記載された。EBD(European Best Destinations /ユーロピアン・ベスト・デスティネーションズ)によると、コロナウイルスによる感染者総数が少ない国、ビーチの広さ、そして一人当たりに割り当てることができる面積数という選出基準により、基準を満たしたコンポルタポルト・サントメイア・プライアのビーチ3カ所がヨーロッパ10選に選出されたとのこと。

さらに、旅行者に衛生面やソーシャルディスタンス等の安全性を提供できる宿泊設備の供給率が整っていることも選考基準に入っているとのこと。その上、ポルトガルから選出されたビーチ3カ所は、パンデミックに直面した際に医療崩壊が起こることもなく、病床数もヨーロッパの平均値を上回る病院が近くにあることも明記されている。このEBD(ユーロピアン・ベスト・デスティネーションズ)は、「ヨーロッパで最も行ってみたい旅行先」というランキングを発表することでも知られており、リスボンとポルトは過去に第一位の栄光に輝き、ブラガは2019年度に第二位に輝いている(1位はブダペスト)。

ランキングの内訳は以下の通り。

  1. プレヴェザ(ギリシャ)
  2. コンポルタ(ポルトガル)
  3. ヘル半島(ポーランド)
  4. ポルト・サント(ポルトガル)
  5. ハリコウナス(ギリシャ)
  6. アイン・トゥーフィーハ/Ghajn Tuffieha(マルタ)
  7. メイア・プライア(ポルトガル)
  8. ユールマラ(ラトビア)
  9. ニダ(リトアニア)
  10. ビンツ (ユーゲン島、ドイツ)

筆者のつぶやき:「ポルトガルって?」と言えば、ビーチ!と連想されるのは、イギリス、オランダ、ドイツ等、夏のバカンスシーズンにそれらの国々から訪れる観光客には必然的なことではありますが、日本などでは未だ知られていない一面でもあるかもしれません。綺麗で広い白浜があるポルトガルは、今後「穴場」となるかもしれません。

photo credit: WanderingtheWorld (www.ChrisFord.com) ‘Splashing Green’, Portugal, Lagos via photopin (license)

ポルトガルと日本の移動に関してのニュース。欧州委員会が欧州内の国境での来週からの移動制限解禁を推奨。EU圏外との移動制限解禁は7月1日か。

ポルトガルの大手新聞社「Público」紙のオンライン版からの出典。

以下、Público紙の記事です。(2020年6月11日、同社ウェブサイト上にて公開の記事)

欧州委員会が欧州内の国境での来週からの移動制限解禁を推奨。EU圏外との移動制限解禁は7月1日か。

欧州委員会の提案では、未だ現時点で感染状況が深刻な国との移動は制限されるべきと明記。

これまで3ヶ月間にわたって、EU圏内および圏外との鎖国状態を維持していたが、EU圏内の移動制限は来週月曜日に解除される見込みで、欧州連合に属さない、EU圏外への移動は、7月初めに解除される見込み。

この解除の目安となる日付は、欧州委員会が明示した提案によるもので、その提案は3月中旬にコロナウイルス感染防止のために発令された移動制限の対象国、つまり、シェンゲン条約締結国の30カ国およびヨーロッパへの段階的入国制限解除プログラムに含まれる4カ国(アイスランド、リヒテンシュタイン公国、ノルウェー、スイス)に出されたもの。

photo credit: AlexDROP _DS20969 – Lisbon Skyline via photopin (license)

欧州委員会の高官による提案によれば、人や物の往来の自由を制限する規定が解除される見込みである、来週月曜日(6月15日)から、EU圏内の移動は通常通りにまで戻る可能性がある。各制限解除へのステップは、隣接する国同士の移動制限解除など、すでにEU加盟国間で計画され、施行された国もある。ポルトガルとスペイン間の移動に関しては、7月1日から再開される見通しとなっている。

EU圏外(第三国)との往来に関しては、引き続き慎重な姿勢を貫いている。不要不急な移動に関し、7月1日から徐々に制限解除を推奨するとしているが、「感染状況が引き続き深刻な」特定の国々とは、移動制限を引き続き継続する措置が、今回の制限解除提案にて言及されている。

欧州委員会内務総局局長のイルヴァ・ヨハンソン氏は、「国際旅行は観光業や各ビジネスの分野で欠かせないものであり、再び家族や友人と集まることができるようになるためにも、EU圏内の移動制限解除後の7月1日から、EU圏外からの移動制限を段階的に、そして柔軟に解除していく」と語った。

現段階では、同局長は新型コロナウイルスの蔓延に関する進歩状況がEU連合と同じ比率で推移する国々との移動制限を解除するとし、例として、「感染状況がEUと同等、あるいはEUより良好な欧州連合への加盟候補である西バルカン諸国の6か国との国境を開く」と言及した。

ブリュッセル(欧州委員会本部)としては、各国の感染予防措置、互恵性、そして感染状況に基づき、EU加盟国である全27カ国は互いに連携し、移動制限対象国となる国々のリストを各国で統一するよう推奨した。

もう一方で、欧州委員会としては、海外からの留学生のEUへの往来などといった、不要不急な移動とみなされている対象にも、制限解除措置の中に盛り込むよう推奨している。

https://www.publico.pt/2020/06/11/mundo/noticia/comissao-recomenda-reabertura-fronteiras-internas-proxima-semana-paises-terceiros-1-julho-1920215

ポルトガルはヨーロッパで初めて「セーフ・トラベル」認定を受ける国に。

ポルトガルの大手新聞社「Público」紙に2020年6月4日掲載された記事です。

https://www.publico.pt/2020/06/04/sociedade/noticia/portugal-pais-europeu-receber-selo-safe-travels-1919511?fbclid=IwAR1LNE-JtPCLix32-sXQLk1AaElL-E0xQo_u27Xyo60LoNLkVfftI2YSMks

セーフトラベル認定は、衛生管理基準を満たしている国に付与される認定シール。

リスボン市の写真。観光業は世界的にCovid-19(新型コロナウイルス)の蔓延で最も影響を受けた分野の一つ。

ポルトガル政府は今週木曜日(6月4日)、信頼性のある衛生および感染防止体制を構築していることを認める認定をヨーロッパの国で初めて受けたと公表した。

この認定シールは世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)によって認定および発行されるもので、昨今の新型コロナウイルスの蔓延防止のために施行された行動制限解除後、旅行者への信頼度強化を目指すため、衛生および感染防止に関する規定を遵守する旅行先に与えられるもの。

ポルトガル経済・デジタル移行大臣はこの件に関して声明で説明したのは以下の通り。

この認定証は世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)によって作成されたセーフトリップ規定に則り、健康および衛生基準を遵守する旅行先が評価されることを目的としたものであり、あらゆる行動制限解除が行なわれた後、安全に旅行ができることを肌に感じて頂けるように、そして、消費者の信頼回復を助長させるものでもある。

リタ・マルケス(Rita Marques)観光担当副大臣は、この認定が行われたことについて、次の通り述べた。

ポルトガルの努力が報われ、評価されたものと考えている。ポルトガルはClean&Safe認定シールのパイオニアであり、この世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)の認定シールは、ポルトガルで尽力した全ての方々を認識し、評価するもの。世界で最も行きたい旅行先として選ばれたポルトガルは、世界的に最も衛生的にも安全な国としても認識された。

また、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)は飲食業や街頭販売業、航空業、コングレスセンターや会議、イベントなどを招致する複合施設などといった他の業態に対しても、ガイドラインを発表した。

この認定シールは、世界旅行ツーリズム協議会(World Travel & Tourism Council)のウェブページから申請および取得できる。