アメリカのデザイナーがポルトガルのデザインを盗用? この盗用疑惑にポルトガル政府も法的措置を検討か。

セーター

東京五輪までの本格的なカウントダウンである聖火リレーも始まったが、ポルトガルではとある盗用疑惑がメディアで騒がれている。

それは、2004年にアメリカで創設されたブランド「トリーバーチ」のコレクションに、ポルトガルの伝統的なデザインがあからさまに盗用されているのだということ。

トリーバーチの公式サイトからはすでに撤去されているが、実際に販売されていたのは以下の商品。

セーター
船関連のデザイン(オールやブイなど)で「あら、可愛らしい」・・・と思っても、よ〜く見てみると、セーターの中央と肘の部分にはポルトガルの紋章が・・・。お値段は1着695ユーロ。

ポルトガルをモチーフにしたものであれば、「デザイナーの好み」という話で済んだのかもしれないが、実際にポルトガルの北部の「ポーヴォア・デ・ヴァルジン/Póvoa de Varzim」市に19世紀から存在する伝統的衣装の一つ。ポルトガルの最高品質のウール(エストレーラ山脈のエリアもので、ポヴェイラ・ウールとも称される)を用いたセーター。19世紀以降、デザインなどもさらに巧妙なものになっていた。

そのセーター(オリジナル)は以下の通り。

写真はポーヴォア・デ・ヴァルジン市役所のものです。織り方やデザイン・・・「そっくり」です。

メーカー側は、メキシコの民族衣装にインスパイアされたのだとのこと・・・。

あれ?でもこれは?

「あら、かわいいレタスちゃん・・。」ん?でもこれは・・・(トリーバーチのオフィシャルショップより出典)
こちらはキャベツ・・・。ポルトガルの有名な工房である「ボルダロ・ピニェイロ」社の代名詞であるデザインです・・・。(ボルダロ・ピニェイロ社公式サイトより出典)

トリーバーチのロゴも、ポルトガルの著名ファションデザイナーのヌーノ・ガマ氏のロゴと激似。これは、オフホワイトどころではない気が・・・。

トリーバーチさんもポルトガルが気に入ったことは間違いないかもしれない。

この件に関し、ポルトガル政府も知的財産権など、法的措置を検討しているとのこと。

「オリジナル」の商品のお値段は、トリーバーチ製の僅か10%ほどのお値段です・・・。

ポルトガル北部の都市「ブラガ」が2021年度の    ヨーロッパ・ベスト・デスティネーション(ヨーロッパで最も訪問すべき街)に選ばれる!

ブラガ・ボンジェズス

コロナ禍で、なかなか穏やかな話題が少ない中、ある一種の「希望」を与える話題として、ポルトガルメディア各局が報じたのが、「ベストデスティネーション」受賞の話題。

ヨーロッパの文化と観光を促進するために作られた機関(本拠地はブリュッセル)が、   オンライン投票で「最も訪問するべき街」を決定するというもので、投票自体は世界中どこからでも可能(2012年、2014年、そして2017年ともポルト市が選ばれたが、得票数の中で、アフガニスタンやイラクなどからも投票があった)。

リスボンは政治の街、ポルトは経済の街、そしてブラガは信仰の街として紹介されることもあるポルトガル。その名の通り、ブラガにはBOM JESUS(ボン・ジェズス)という「聖域」が建造物と自然が見事に調和し、訪問者を迎えている。「神のいる場所に近づく階段」とされる「五感の階段」は577段ある(階段の側に、ケーブルカーもあります)。

ケーブルカー前

「真の自分と向き合うため」に、巡礼に来る訪問者はヨーロッパのみならず、世界中から来訪している。

五感の階段