スペインで大規模な暴動。原因は「表現の自由」と  「王室」

スペインの国旗

スペインで2日連続でデモが続いている。デモの発端はスペイン人ラッパーのパブロ・ハセル氏がスペイン警察当局からの出頭に応じず、禁固刑から逃れるため、2021年2月15日からスペインのカタルーニャ州にある大学で「籠城」していたが、警官隊により逮捕されたことによるもの。

罪状は王室への侮辱・不敬罪およびテロ行為美化罪であり、自身のツイッターの投稿や作曲した歌に対するもの。逮捕直後からバルセロナなどのカタルーニャ州の各地でデモや暴動が発生し、警官隊が出動し、事態の沈静化を図っていたが、その規模は今や首都マドリッドにも波及している。

ポルトガルのメディアも各局・各紙でこの状況を報じており、抗議する人々による投石行為(石畳から外した石など)や市内のゴミ箱や駐車しているバイクへの放火も発生し、現地報道によれば、怪我人は55人以上(その内警官隊に出た負傷者は25名)に達しており、    バルセロナの主要大通りは、警官隊とデモ隊による抗争が一時的に激化した。投石は市中の店舗や一般車両にも及んでいた。現地警察や市長も、平和的な行動を呼びかけている。

スペイン王室も世代交代を迎えたが、前国王のフアン・カルロス1世の不正資金スキャンダルなどをラッパーが政治的に風刺した曲調になっている。ソーシャルメディアの声としては、「釈放」を求める声、そして、「楽曲に対する検閲は許されるべきではない」との声が多い。スペイン政府としても、罪状による禁固刑9ヶ月という、罪の重さを改善する余地があるという姿勢を出しており、沈静化を図りたい狙いがあるとされている。

「今までどれだけ金を奪ってきたんだ?有事の時、必要な時には金がないと言うが・・・」といったフレーズから曲は始まる(前国王のインタビュー動画から動画は始まる)。

パブロ・ハセル氏の楽曲

ポルトガルのビーチがヨーロッパで最も安全なビーチの TOP10に選出。

ポルトガルの大手新聞社「Público」のオンライン版に、2020年5月26日に掲載された記事です。(要約文)

ユーロピアン・ベスト・デスティネーションズは、コンポルタ(Comporta)、ポルト・サント(Porto Santo)、そしてメイア・プライア(Meia Praia)を選出。

「自分自身やあなたの家族と共に、スペースが広く、空気が綺麗で、安全な環境で過ごせる夏をお探しの方へ」にユーロピアン・ベスト・デスティネーションズは、ヨーロッパで最も安全なビーチ10選を公表。その中にはポルトガルのビーチ3カ所もランクイン。公表された記事には、「ポルトガルの準備は万端」とも記載された。EBD(European Best Destinations /ユーロピアン・ベスト・デスティネーションズ)によると、コロナウイルスによる感染者総数が少ない国、ビーチの広さ、そして一人当たりに割り当てることができる面積数という選出基準により、基準を満たしたコンポルタポルト・サントメイア・プライアのビーチ3カ所がヨーロッパ10選に選出されたとのこと。

さらに、旅行者に衛生面やソーシャルディスタンス等の安全性を提供できる宿泊設備の供給率が整っていることも選考基準に入っているとのこと。その上、ポルトガルから選出されたビーチ3カ所は、パンデミックに直面した際に医療崩壊が起こることもなく、病床数もヨーロッパの平均値を上回る病院が近くにあることも明記されている。このEBD(ユーロピアン・ベスト・デスティネーションズ)は、「ヨーロッパで最も行ってみたい旅行先」というランキングを発表することでも知られており、リスボンとポルトは過去に第一位の栄光に輝き、ブラガは2019年度に第二位に輝いている(1位はブダペスト)。

ランキングの内訳は以下の通り。

  1. プレヴェザ(ギリシャ)
  2. コンポルタ(ポルトガル)
  3. ヘル半島(ポーランド)
  4. ポルト・サント(ポルトガル)
  5. ハリコウナス(ギリシャ)
  6. アイン・トゥーフィーハ/Ghajn Tuffieha(マルタ)
  7. メイア・プライア(ポルトガル)
  8. ユールマラ(ラトビア)
  9. ニダ(リトアニア)
  10. ビンツ (ユーゲン島、ドイツ)

筆者のつぶやき:「ポルトガルって?」と言えば、ビーチ!と連想されるのは、イギリス、オランダ、ドイツ等、夏のバカンスシーズンにそれらの国々から訪れる観光客には必然的なことではありますが、日本などでは未だ知られていない一面でもあるかもしれません。綺麗で広い白浜があるポルトガルは、今後「穴場」となるかもしれません。

photo credit: WanderingtheWorld (www.ChrisFord.com) ‘Splashing Green’, Portugal, Lagos via photopin (license)